Archive for the ‘Uncategorized’ Category

March 5th, 2017

3月1日の聖書観想

No Comments, Uncategorized, by admin1.

Tweet 主のみ心がおひとりおひとりにやどりますように。 2月26日(日) マタイ17:1-9 主の変容の様子をいまいちど読んでいかがだろうか? 最初に「六日の後」と書いてあるが、六日前になにがおこったのか? マタイ16章の最後を読んでいただくとわかるが、イエスがご自分の死と復活を予告された。 そして与えられた福音書箇所の最後でも「人の子が死者の中から復活するまで今見たことを話さないように」とイエスは言われている。 主の変容、光輝かしき姿の前後が、受難・死そして復活の予告でサンドイッチされていることを興味深く思うのは、私だけだろうか? とくにこの四旬節(受難節)のはじまりにこの箇所を読む意味は深いと感じる。 3月1日(水) マタイ6:1-6, 16-21 灰の水曜日の福音書箇所を読んでおきたい。先週の土曜の家庭集会では、第二次世界大戦中にユダヤ人に命のビザを発行した杉原千畝さんのことを学んだ。 杉原氏は生前には「自分のしたことは新聞などで報道されるようなことではない。」と言われていたようだ。 杉原氏が洗礼を受けた東京復活大聖堂(ニコライ堂)の司祭はマタイ6章3節の言葉を引用して、杉原氏の信仰者としての生き様を語っていた。 杉原氏の行動を、あえて報道するとしたら、次のように報道すれば、杉原氏にも喜んでいただけたのではないだろうか。 「洗礼を受けた杉原氏に、三位一体の神が宿り、その神がユダヤ人への命のビザを発行した。」そして、その報道を知った人々が杉原氏ではなく神を褒め称える。   3月5日(日) マタイ4:1-11 四旬節の第一主日は、例年、イエスの荒れ野での出来事について読まれる。 「悪魔から誘惑を受けるために、”霊”に導かれて荒れ野に行かれた。」とあるが、少々というか、かなり理解に苦しむ表現かもしれない。 しかし、比喩であり、私たち、神の創造された存在としてこの四旬節をどう過ごすかの大きな指針が示唆されていると思う。「悪魔からの誘惑」というのは、自分を神の思いとは逆の方向に仕向けるようなこと。 「”霊”に導かれて荒れ野に行く」という行為は、洗礼を受けたキリスト者として、キリストの思いが自分の心に宿ってくださっていることを確信し、自分自身を誘惑の中においても、神の思いに従った行動・言動をとれるように訓練する。  3月2日(木) ヨナ3:1-10  ヨナが神の思いから離れて自分勝手な行動をとっていた人々の都、ニネベに遣わされ、「四十日で都が滅びる。」という預言を語る。 すると、ニネベの人々は、断食して、悔い改め、神との関係を回復する。 断食という行為は、イスラム教でも、ユダヤ教でも、あるいは「物忌み」という言葉が日本語ではあるが、宗教の種類を問わず、神との関係を回復するための一方法なのだと思う。 極端な断食をすることは勧めないが、なんらかの断食・我慢などをする中で、神との関係を深め、また周囲の人々とも、良き関係を築くことができますように 困難を覚えている方々に、主の癒し、励み、愛が届きますように。日曜の礼拝に集う機会が与えられますように。 Tweet This Post Buzz This Post Post to Facebook Post to Google Buzz Send Gmail Post to MySpace [Translate]

Tweet 2月5日説教2017 02 05 LCR Jpn 2月19日説教2017 02 19 LCR Jpn and Eng to Post 2月26日説教 2017 02 26 LCR Jpn by Brad Tweet This Post Buzz This Post Post to Facebook Post to Google Buzz Send Gmail Post to MySpace [Translate]

March 1st, 2017

2月22日 聖書観想

No Comments, Uncategorized, by admin1.

Tweet み言葉を読み観想するなかで主の豊かな愛が注がれ、皆様の心に宿りますように。 2月19日(日) マタイ5:38-48 「あなたがたも完全な者となりなさい。」とイエスは言われる。どういうことだろう。 アメリカは新大統領に反対する人々と、大統領支持者で人種差別主義者であることを公言するような人々まで出てきている。このような時代にあって、イエスの言葉は意味が深い。天の神は、どちらの考えの方々であろうが、太陽を昇らせ、雨を降らせてくださっている。イエスさまは、互いのために祈りあいなさいとおっっしゃっているように聞こえてくる。 2月20日(月) ローマ 12:9-21 この聖書箇所、19日の福音書箇所にこだまするような内容だと感じる。現在のような社会状況にあって「あなたがたを迫害する者のために祝福を祈りなさい。祝福を祈るのであって、呪ってはなりません。」という言葉、この世の中に鳴り響きますように。 2月26日(日) マタイ17:1-9 今年は3月1日が灰の水曜日となる。その前の日曜日は「主の変容主日」とも言われる。福音書箇所は主の変容の箇所。 ここで、イエスは12弟子の中でも、なぜペトロ、ヤコブ、ヨハネだけを連れて山に登られたのだろう? 結局、この3人は怖い体験をすることになる。光輝く雲が顕われたということは、風も吹いたのだろう、そして「これに聞け」という天の声を聞いている。 この三人の弟子たちに、決して自分がうぬぼれることなく、主イエス、聖霊、天の神なる存在を畏れ、その三位一体なる神を輝かせるような弟子になるように、そんな神の思いがあるように感じる。 2月24日(金) 出エジプト 19:9-21 週後半の旧約聖書は、木曜、金曜は出エジプトから。また聖日の日課も出エジプトから。どれも神がモーセに語りかけている。とくに19章で神が語りかけている内容は、雲に覆われたような怖いなかで、神が煙につつまれた山に降りてこられる。 その光景は、イエスの変容の際に、イエスが弟子たちと山に登り、光輝く雲に覆われる様子にも、つながっているように思う。。。怖いというと、2年半前の夏、御岳さんの噴火で煙・灰につつまれて大勢の方々が亡くなった痛ましい災害を思い出す。どんなにか怖い思いをされたことだろうか。。でも主がそこにいてくださったのではないかとも思いたい。いまも悲しんでおられる遺族、友人の方々も覚え祈りつつ。 Tweet This Post Buzz This Post Post to Facebook Post to Google Buzz Send Gmail Post to MySpace [Translate]

Tweet 2017年1月15日LCR日本語部週報通算第1414号 2017年1月15日の週報 1-15-2017 Bulletin 1414E   Tweet This Post Buzz This Post Post to Facebook Post to Google Buzz Send Gmail Post to MySpace [Translate]

Tweet 11月6日 28周年日本語宣教記念礼拝 ここをクリック—> 2016-11-06-jpn 11月13日 聖霊降臨後第16主日 ここをクリック—> 2016-11-13-jpn 11月20日 王なるキリスト主日 ここをクリック—> 2016-11-20-jpn 11月27日 待降節第一主日 ここをクリック—> 11-27-2016Sunday Sermon Japanese Translation&Announcement Tweet This Post Buzz This Post Post to Facebook Post to Google Buzz Send Gmail Post to MySpace [Translate]

Tweet 2016年11月20日LCR日本語部週報通算第1410号 2016%e5%b9%b411%e6%9c%8820%e6%97%a5%e3%81%ae%e9%80%b1%e5%a0%b1 11-20-16-bulletin-1410e Tweet This Post Buzz This Post Post to Facebook Post to Google Buzz Send Gmail Post to MySpace [Translate]

Tweet 2016年9月25日LCR日本語部召天者記念礼拝週報通算第1406号 2016%e5%b9%b49%e6%9c%8825%e6%97%a5%e5%8f%ac%e5%a4%a9%e8%80%85%e8%a8%98%e5%bf%b5%e7%a4%bc%e6%8b%9d%e9%80%b1%e5%a0%b1 sunday-english-bulletin-memorial1406e Tweet This Post Buzz This Post Post to Facebook Post to Google Buzz Send Gmail Post to MySpace [Translate]

Tweet 2016年8月21日LCR日本語部週報通算第1404号 2016年8月21日の週報 Sunday English Bulletin 1404 Tweet This Post Buzz This Post Post to Facebook Post to Google Buzz Send Gmail Post to MySpace [Translate]

Tweet 2016 June Calendar Daily Bible Verse Tweet This Post Buzz This Post Post to Facebook Post to Google Buzz Send Gmail Post to MySpace [Translate]

Tweet 今週からの詩編を読もうは、各自、聖書日課のその週の木曜から日曜までに与えられている詩編箇所、あるいは、翌週の月曜に与えられている詩編箇所を読むよう、お勧めしたい。もちろん余裕のある方は両詩編とも読んでいただければと思う。  そして、いつものように以下の3点について観想していただけたら良いと思う。 1. 一度音読して、一番インパクトがあった言葉や節はなにか?あるいは質問したくなる箇所でもよい。 2. 二度目の音読をしたのち、二千数百年時代を遡って、詩編作者の気持ちになってどのようなことをその詩編は詠っているか思いをめぐらしてみる。 3. さらにできれば三度目の音読をしたのち、いま主なる神は、この時代に生きる私たちに、詩編を通して何を語りかけているか思いを巡らせる。 詩編96編 1:新しい歌を主に向かって歌え。全地よ、主に向かって歌え。 2:主に向かって歌い、御名をたたえよ。日から日へ、御救いの良い知らせを告げよ。 3:国々に主の栄光を語り伝えよ/諸国の民にその驚くべき御業を。 4:大いなる主、大いに賛美される主/神々を超えて、最も畏るべき方。 5:諸国の民の神々はすべてむなしい。主は天を造られ 6:御前には栄光と輝きがあり/聖所には力と光輝がある。 7:諸国の民よ、こぞって主に帰せよ/栄光と力を主に帰せよ。 8:御名の栄光を主に帰せよ。供え物を携えて神の庭に入り 9:聖なる輝きに満ちる主にひれ伏せ。全地よ、御前におののけ。 詩編5編 1:【指揮者によって。笛に合わせて。賛歌。ダビデの詩。】 2:主よ、わたしの言葉に耳を傾け/つぶやきを聞き分けてください。 3:わたしの王、わたしの神よ/助けを求めて叫ぶ声を聞いてください。あなたに向かって祈ります。 4:主よ、朝ごとに、わたしの声を聞いてください。朝ごとに、わたしは御前に訴え出て/あなたを仰ぎ望みます。 5:あなたは、決して/逆らう者を喜ぶ神ではありません。悪人は御もとに宿ることを許されず 6:誇り高い者は御目に向かって立つことができず/悪を行う者はすべて憎まれます。 7:主よ、あなたは偽って語る者を滅ぼし/流血の罪を犯す者、欺く者をいとわれます。 8:しかしわたしは、深い慈しみをいただいて/あなたの家に入り、聖なる宮に向かってひれ伏し/あなたを畏れ敬います。 9:主よ、恵みの御業のうちにわたしを導き/まっすぐにあなたの道を歩ませてください。わたしを陥れようとする者がいます。 10:彼らの口は正しいことを語らず、舌は滑らかで/喉は開いた墓、腹は滅びの淵。 11:神よ、彼らを罪に定め/そのたくらみのゆえに打ち倒してください。彼らは背きに背きを重ねる反逆の者。彼らを追い落としてください。 12:あなたを避けどころとする者は皆、喜び祝い/とこしえに喜び歌います。御名を愛する者はあなたに守られ/あなたによって喜び誇ります。 13:主よ、あなたは従う人を祝福し/御旨のままに、盾となってお守りくださいます。 Tweet This Post Buzz This Post Post to Facebook Post to Google Buzz Send Gmail Post to MySpace [Translate]