Archive for June, 2017

Tweet 先週から昨日まで牧師休暇中だったため掲載が遅れておりお詫びします。 2017年06月18日(日) マタイ9:35-10:15 いま一度読み返していかがだろうか? 12 弟子が派遣されるときにイエスが語られた言葉には、かなり厳しいものを感じる。キリスト者として生きる心構えのようなものを感じてこないだろうか?けっして言葉通りに、着替えはもたないようにとかではなく、質素なこと、謙虚なこと、辛抱強くあること。。。 2017年06月19日(月) 第一テサロニケ3:1-5 テサロニケの信徒への第一の手紙3章の書きはじめを読む限り、うまくいっていないものを感じる。パウロはテサロニケの信徒たちへ、厳しい状況を体験することを、あらかじめ伝えていたのに、残念ながら誤った教えが入ってきてしまったようだ。 そもそもキリストに従うことは難しい状況に直面し、忍耐を要求されることは当然なのだが。。。  2017年6月22日(金) エレミヤ18:18-2 エレミヤ18章というとその前半に、陶工(焼き物師)が粘土でかたち造っても気にいらなければ、ぐしゃぐしゃにして作り直してしまうように、創造主の神もイスラエルの民に対して同じようにふるまうと、主の言葉がエレミヤに臨んだことが記載されている。民はすべて主のものなのである。しかし、主の言葉をそのまま述べたエレミヤを気に入らないイスラエルの民たちがいた。そして、エレミヤを殺そうとする計画さえ出てきてしまった。主の言葉をそのまま述べ伝えるがゆえに、預言者エレミアがあじわった不安・苦難を覚えておきたい。  2017年6月24日(日) マタイ10:24-39 12弟子派遣にあたってのイエスの教えが続いている。 近年になって新聞記事でわかったことだが、ノーベル賞を受賞した大村智氏は、私の祖父の家によく一升瓶をもって飲みにきていたようだ。そして祖父から「何事も千畳敷のど真ん中でやれ」といわれていたことが、彼の研究方針に大きな影響力があったようだ。祖父の言葉はイエスの教え「おおわれたもので、現われてこないものはなく、隠れているもので、知られてこないものはない。」というイエスの言葉から出てきたような気がする。 さまざまな困難の中に、主の大きな恵みがありますように! Tweet This Post Buzz This Post Post to Facebook Post to Google Buzz Send Gmail Post to MySpace [Translate]

Tweet 日本語説教はここをクリックーー>2017 06 18 Sermon Jpn 英訳はここをクリックーー>2017 06 18 Sermon Eng Tweet This Post Buzz This Post Post to Facebook Post to Google Buzz Send Gmail Post to MySpace [Translate]

Tweet 2017年6月18日の週報 Sunday English Bulletin 1423E Tweet This Post Buzz This Post Post to Facebook Post to Google Buzz Send Gmail Post to MySpace [Translate]

June 17th, 2017

今週の聖書観想

No Comments, 聖書観想, by admin1.

Tweet 6月11日(日) マタイ28:16-20 今一度読んでいかがだろうか? 今日は「権能を授かる」という言葉に引き寄せられる。先日ある方が人前で歌う機会があり、彼女は前日から声が出なくなり困っていた。本番直前に「聖霊の助けで大丈夫」と申し上げたところ、本番では見事だった。   6月12日(月) 第一コリント12:1-3 聖霊によらなければ、イエスが主であるとは言えないという言葉に重みを感じる。一般的な考え方としては、信仰は自発的に信じることと思われているのではないかと思う。しかし、信仰自体が聖霊によって与えられる不思議な神からのギフトであると気付かされないだろうか? 6月16日(金) 出エジプト4:27-31 少々前後関係や背景を記す必要があるかと思う。出エジプト記3章では、エジプトで身の危険があったモーセはエジプトから離れミディアン地方に避難していた。そこで家族になったが、適切な時となりイスラエルの民をエジプトからカナンの地へと導くように召命をうけた。 4章にはいって、使命遂行に関するしるしが与えられ、またモーセがリーダシップをとるには欠かせなかったアロンが与えられる。選ばれている聖書箇所は、アロンとモーセがともに主の導き(聖霊の導きともいえる)によって劇的に会う場面。神の御業の遂行には、聖霊の不思議な導きにより二人がペアとなっていることを改めて思い出す。 6月18日(日) マタイ9:35-10:8 12弟子の派遣にあたって、いろいろなことが書かれている。「汚れた霊」を追い出すということはどういうことなのだろうか? 出エジプト記を読んで、この箇所を読むとき、12弟子がすべてペアとなって紹介されていることに、興味を引かれる。 宗派を問わず牧師は一人だけで牧会が行われるケースがとても多い。その難しさや、教会の中には汚れた霊が見え隠れする面も否定できない。聖霊によって清められますように。二人の牧師によりリードされる教会の恵みや平安を感じる。  Tweet This Post Buzz This Post Post to Facebook Post to Google Buzz Send Gmail Post to MySpace [Translate]

Tweet ここをクリック –> 2017 06 11 LCR Always With You in Jpn Tweet This Post Buzz This Post Post to Facebook Post to Google Buzz Send Gmail Post to MySpace [Translate]

June 10th, 2017

聖書観想

No Comments, 聖書観想, by admin1.

Tweet 6月4日(日) ヨハネ20:19-23 「だれの罪でも、あなたがたが赦せば、その罪は赦される。だれの罪でも、あなたがたが赦さなければ、赦されないまま残る。」の意味を考えたい。 イエスに教わった主の祈りにおける「我らに罪をおかす者を、我らがゆるすごとく、我らの罪をもゆるしたまえ。」との強い関連を感じる。主の祈りから考えられるのは、もし自分が赦さなければ、自分の罪も赦されずに残るともとれる。 なにはともわれ、イエスが慈しんで弟子たち(つまり私たち)の罪を赦してくださるように、わたしたちも赦すことの大切さを覚える。 6月6日(火) ローマ8:26-27 ローマ信徒への手紙8章には28節と38節の二つの有名な節がある。28節は、万事を益としてくださる。38節は、何事も私たちを神の愛から切り離せない。とくに28節の直前にある26-27節の言葉に、「霊の働き」の重要性を感じる。祈るにしても霊に任せて祈る。 つまり、自分で言葉にあらわさず、黙祷することの大切さを覚える。 話はちょっと変わるが、今年の教区のアッセンブリーでは、なにかの議決(投票)を行うまえに、だれかが代表して祈るのは止めることにした。 それは、その代表者の言葉が議決を誘導してしまう可能性だってあるからで、ただ30秒程度の黙祷の時間を持つことにした。 それは、まさに、霊の力にお任せする、そして、すべてを益としてくださる方にお任せするともいえる。 6月8日(木) ヨブ記28:1-11 ルーテル教会では聖霊降臨日の翌週の主日を三位一体主日としている。三位一体は説教で伝えるにはむずかしいものを感じる。福音、良き知らせ、の深みが三位一体にあるのかと思う。 その主日を前に与えられている旧約箇所は、木曜から土曜まで、ヨブ記が与えられている。すべて深みのある言葉に感じる。とくにヨブ28章1-11節の言葉から、私はマタイ福音書13章44節「天の国は次のようにたとえられる。畑に宝が隠されている。見つけた人は、そのまま隠しておき、喜びながら帰り、持ち物をすっかり売り払って、その畑を買う。」という言葉を思い出した。 ヨブ記からも本当に価値のあるものの意味、すべての財産を超えるものであることを覚える。 6月11日(日) マタイ28:16-20 今年の三位一体主日に与えられている福音書箇所はマタイ28章のGreat Commissionとよく言われている箇所から。日本語では大宣教命令と訳される。 なぜ、これが三位一体主日に読まれるのか? 洗礼を授ける際に、「父と子と聖霊の名によって。」ということがあるからだろう。 三位一体という深くやや難しい話しは抜きに、ただイエスがこのようにおっしゃったから、そのまま言われた通りに洗礼を授けることの大切さを感じる。 また、「弟子にする」、「洗礼を授ける」、「教える」が順番で出てくる。これは必ずしも、しっかりとした弟子になることが最初であるということではないと思う。(もちろんこの考えには異なる方の牧師たちもおりそれはそれで尊敬したいと思うが。)父と子と聖霊のみ名において洗礼をさずかり、さらにイエスの語られたことを教えられるうちに、弟子になっていくと考えられる。  Tweet This Post Buzz This Post Post to Facebook Post to Google Buzz Send Gmail Post to MySpace [Translate]

Tweet 日本語はここをクリック --> 2017 06 04 LCR Jpn 英訳はここをクリック -->2017 06 04 LCR Eng translation for Jpn Service Tweet This Post Buzz This Post Post to Facebook Post to Google Buzz Send Gmail Post to MySpace [Translate]

Tweet 2017 6月のカレンダー聖書日課 Tweet This Post Buzz This Post Post to Facebook Post to Google Buzz Send Gmail Post to MySpace [Translate]

Tweet LCR日本語部週報通算第1422号 2017年6月4日聖霊降臨祭の週報 Sunday English Bulletin Pentecost 1422E Tweet This Post Buzz This Post Post to Facebook Post to Google Buzz Send Gmail Post to MySpace [Translate]

Tweet ここをクリック --> 2017 05 28 LCR Eng in Jpn Tweet This Post Buzz This Post Post to Facebook Post to Google Buzz Send Gmail Post to MySpace [Translate]